2009年05月15日

幸せのセラピー、チェイサー

『幸せのセラピー』監督:バーニー・ゴールドマン、メリッサ・ウォーラック、出演:アーロン・エッカート、ジェシカ・アルバ、ローガン・ラーマン、アメリカ、2007年、試写

ビルは妻の実家の銀行で形ばかりの役職に就き、いつも肩身の狭い思いをしている。おまけに妻は浮気しているらしい。そんなとき、母校が始めたメンター制度で、自分をメンターに指名してきたのは、ちょっと問題児の少年。しかし、彼の押しの強さに振り回されるうちに、次第に素直な自分を取り戻していく。

あごがケツ割れしているアーロン・エッカート。『ダーク・ナイト』で随分と人気者になったみたいだけど、こういう小粒の良品に出演している彼が好きだ。言いたいことが言えず、自分の不遇を人のせいにしているダメ男が、少年に後押しされて、やっと自分の何がダメかに気がつきます。ジェシカ・アルバも協力するけれど、彼を助けるのは美女ではなくて、ローガン・ラーマン扮する“The Boy”というのがちょっと変わっているところ。このローガン・ラーマンがなかなかいいです。1992年生まれだからまだ16歳。子役から活躍していて『バタフライ・エフェクト』にも出ているらしい。目が良い。
しかしなぁ、40歳を越えて自分探しの旅かぁ。大丈夫かとちょっと不安になるな。

続きを読む


posted by amui at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。