2009年07月26日

ヤスミン・アハマド監督逝去

2005年の東京国際映画祭で上映された『細い目』が評判を呼び、翌年には特集が組まれ『ラブン』『ガブラ』『マクシン』といった作品が紹介されて、日本にも多くのファンを持つ、ヤスミン・アハマド監督が、23日(木)午後に脳内出血で倒れ、緊急入院、手術をしたものの、25日夜11時25分、そのまま帰らぬ人となりました。

最新作の『タレンタイム』はアジアフォーカス・福岡国際映画祭2009で上映予定。もしかして、その時に来日してくれるのかと期待していたところでした。
今年は日本での映画撮影を予定していて、素晴らしい日本人キャストも決まっていました。

51歳。あまりにも早すぎる死に、胸のつぶれる思いです。

"愛"(loveだけでなく、agape)について深く考える映画を撮り続けてきた監督でした。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

posted by amui at 18:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

シネマ歌舞伎 牡丹灯籠、イメルダ

怪談牡丹灯籠『シネマ歌舞伎 怪談牡丹灯籠』原作:三遊亭円朝、脚本:大西信行、演出:戌井市郎、出演:片岡仁左衛門、坂東玉三郎、2007年10月、歌舞伎座公演

「幽霊より怖い人間の業」とあるように、発端は幽霊話なんやけど、欲に目がくらんだ二組の男女がたどる末路を描いた、恐ろしくも哀しいお話。
仁左衛門の伴蔵と玉三郎のお峰夫婦のやりとりが絶品!! 長屋の貧乏人夫婦の仲の良いやりとりも、繁盛店の旦那女将となったのに、お茶屋通いが過ぎる伴蔵を責めるお峰の夫婦げんかも、テンポ・間ともに絶妙で、ゲラゲラ笑える。そんな夫婦がラストの悲劇へと落ちていくのがまた哀しくて。あぁ、これははまる。歌舞伎を観たことがない人でも、これは絶対面白く観られると思う。

愛之助の新三郎と中村七之助のお露の2人の儚さもよく、特に最後のお露が新三郎の魂を奪いさるシーンの美しさは焼き付いた。
板東三津五郎は三遊亭円朝、冒頭に出てくる船頭、後半の馬子の久蔵の3役。お峰にのせられて伴蔵の御茶屋での所行を白状させられる下りがまた面白い。

映像だとアップで役者の表情がよく見えるというメリットがある。それにこの時期のこの配役での舞台がいつでも観られる美しい映像と音で記録されていることは、本当にありがたい。でも、やっぱり生の舞台を客席で空気をダイレクトに感じながら観たかったとも思ってしまう。

10月10日(土)〜11月13日(金)まで、シネマ歌舞伎全作品を東劇で特集上映するそうです。見逃した作品を観られるチャンス! 通いそうな気がする・・・

続きを読む
posted by amui at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

わたし出すわ

『わたし出すわ』監督・脚本:森田芳光、出演:小雪、黒谷友香、井坂俊哉、山中崇、小澤征悦、小池栄子、2009年、日本、試写

突然、東京から故郷の函館に帰ってきた摩耶は、高校の友人たち5人と再開する。世界の市電を乗って回りたい市電運転手の道上保。マラソンランナーとして再起を図りたい川上孝。世界的注目をあびる養魚試験場の研究員保利満。地元有名企業の社長夫人となりながら夫の急死でホステスに逆戻りした魚住サキ。箱庭作りが趣味の夫を持つ主婦の平場さくら。それぞれの夢を叶えるために摩耶は資金の提供を申し出る。

摩耶の目的が何なのか、どうしてそんなにお金を持っているのか明かされず、彼女の差し出すお金が静かな街の友人たちの暮らしに次々と波紋を広げていく。夢が叶う者もいれば、悲劇を呼ぶ結果になる者も。お金は貸しても借りても気持ちの良いものじゃない。
摩耶を演じる小雪はとても自然体で、柔らかい空気を持ちながらも、ミステリアスで何を考えているのかよくわからない。そういう役だから、はまっている。話自体が、リアリティをあまり感じないのが今ひとつ。

完成披露試写会で、客席には小澤征悦さんのお父上、小澤征爾さんがいらしていて、上映終了後ロビーで2人が並んで話している姿を見た。やっぱり親子、並ぶと似ている。

posted by amui at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』監督:デイビッド・イェーツ、出演:ダニエル・ラドクリフ、2009年、109シネマズ川崎

えーっと、これで何作目なんでしょうかね? 背景はすっごく暗くてどんよりしっぱなしなんですけど、みんなすっかり大きくなって色気づいて、青春学園ものみたいになってて、結構笑えます。
初めてIMAX 3D映像を観ました。3D映像は最初の15分くらいかな? 確かに立体に見える。でも、実写映画であるハリー・ポッターよりも、トレイラーでやっていたCGアニメーション映画の『クリスマス・キャロル』の方が、立体感をより感じられた。2時間ものあいだ、あのメガネをかけて3D映像を観ていたら、吐くかも。かといって、15分ばっかだともの足らない。3Dじゃなくても、スクリーンでかいし、デジタル映像と音響は迫力があるけれど、2000円払うのは高すぎるように感じる。

posted by amui at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

アンナと過ごした4日間、人生に乾杯!

『アンナと過ごした4日間』監督・脚本:イエジー・スコリモフスキ、出演:キンガ・プレイス、アルトゥル・ステランコ、2008年、フランス・ポーランド、試写

祖母と2人暮らしの孤独な男。自宅の窓から見える病院の看護師寮に住むアンナへの思慕は、もはや抑えられないほど募っている。しかし、彼がアンナを知ったのは残酷な偶然から。そして、それ故に彼は彼女に近づけない。たった1人の家族だった祖母が亡くなり、ある日、彼は大胆な行動に出る。

ポーランドのどんよりとした冬の空の下、朴訥な男の切ない思いが暴走する。最初はこの男、殺人鬼か何かなのか? と思わず緊張するのだけれど、徐々にその真意が明らかになるにつれ、その一途さと不器用さに絶句する。でも、女の立場からすると、やっぱりどうしたって彼を受け入れることはできないよなぁ。

続きを読む
posted by amui at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

悪夢のエレベーター、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

『悪夢のエレベーター』監督:堀部圭亮、出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、2009年、日本、試写

男が目を覚ますとそこはエレベーターの中。彼の目に飛び込んできたのは、関西弁でまくし立てる怪しげな男と、上下ジャージ姿のおっさんと、黙りこくるゴスロリ少女。男がエレベーターに乗った直後、エレベーターが急降下し停止して、彼は頭を打って気を失ったのだという。呼び出しボタンも、監視カメラも壊れている、携帯もない。大いに焦る男。なぜなら彼は身重の妻からお腹が痛いとSOSの電話を受けて、向かっている途中だったから。ど、どうする!

というところまでしか、内容については書けません。えぇ? えぇ? えぇ〜?!の連続で、絶対面白いです! まさしく悪夢のエレベーターだわ。 監督は、役者としてもバラエティーの放送作家としても活躍中の堀部圭亮さん。長編第1作目ですが、とてもそうは思えない出来の良さ。出演陣では佐津川愛美さん、大注目です。10月公開。

続きを読む
posted by amui at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

MW-ムウ-、サンシャイン・クリーニング

『MW-ムウ-』監督:岩本仁志、原作:手塚治虫、出演:玉木宏、山田孝之、2009年、109シネマズ川崎
殲滅された島から生き残った2人の少年。1人は神父に、1人は復讐に燃える鬼となり、事件に関わった人間を1人、また1人と殺しながら、謎の存在MWに近づいていく。

犯罪エンタメとして面白くないわけじゃないけど、こぎれいすぎてえぐさが足りない。もっとがっつりBLを描いて欲しかった。でないと、どうしても結城を止められない賀来の清濁混合の思いが浮かび上がらない。

続きを読む
posted by amui at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

さそり、僕らはあの空の下で

『さそり』監督:馬偉豪(ジョー・マー)、出演:水野美紀、郭品超(ディラン・クォ)、任達華(サイモン・ヤム)、2008年、香港・日本、試写
愛する男の父と妹を殺した罪を着せられ監獄へ入った女が、所長のセクハラ、女囚同士の争いの中、自分を陥れた者たちへの復讐のために生き続ける。1度は殺されかけるが、謎の死体収拾人にひろわれ、一命を取り留め、武術を教わり、復讐へと向かう。

なんか香港映画にこのドロドロねっとり情念の世界がマッチしない。お気楽ラブ・コメがお得意のジョー・マー監督ではなおさらか? 全く顔とマッチしない吹き替えの声にもとほほ。梁小龍(ブルース・リャン)相手に水野美紀がどう闘うのかと思ったら・・・ あんた、そりゃないよ。
水野美紀以上に、夏目ナナの力一杯の凶暴さが印象に残った。そして何と言ってもエンディング・テーマの中村中による「怨み節」。ドロドロドロドロ〜

続きを読む
posted by amui at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

千年の祈り、七月大歌舞伎

『千年の祈り』監督:王穎(ウェイン・ワン)、出演:ヘンリー・オー、フェイ・ユー、2007年、米・日、試写

アメリカに住む離婚した娘のことが気になって、はるばる北京から父親がやってくる。娘の一人暮らしの様子を観て、父は彼女が幸せではないと感じ、母親の死後、腕を上げた料理を振る舞い、娘の心を解きほぐそうとするのだが、彼女は父へのわだかまりがあり、父を避けよう、避けようとしている。

久しぶりにウェイン・ワンの映画を観た。昔の李安(アン・リー)の映画のようでもあり、小津映画的でもある。大きな事件は何も起こらず、とっても地味な作品だけれど、わたしは結構好きだ。どこまで行っても平行線に見える、父と娘。でも、互いに幸せでいて欲しいと願う心は同じ。そこを忘れずに、正直に話し合わないと、歩み寄れない。その時、子どもの側が譲歩することが大切なように思う。大概後悔するのは、残される側だから。

続きを読む
posted by amui at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

牡丹亭、ワイルド・スピードMAX

牡丹亭『シネマ歌舞伎特別篇 牡丹亭』監督:十河壮吉、出演:坂東玉三郎、兪玖林、沈国芳、2008年、日本、東劇

坂東玉三郎が昆劇の名作「牡丹亭」を、昆劇の故郷蘇州で上演したときのドキュメンタリー(第1部)と舞台の映像(第2部)。
ドキュメンタリーでは、昆劇学院の役者と互いに互いの技を指導しあう姿や、南京大学での講演で学生たちと交流する様子が興味深かった。『覇王別姫』が日本で公開後、玉三郎が張國榮(レスリー・チャン)と会ったときの話がちょっとだけ出てくる。短いけれど、芸道を極めようとする人間同士、相通じ合うものがあったのだろうと思わせる内容だった。
舞台の方は、最初の方は一瞬眠気に襲われたのだけど、「離魂」の場面が素晴らしく、こちらの魂まで画面に吸い込まれそうになる。
「牡丹亭」って、てっきり悲劇なんだと思っていたら、最終的にはハッピーエンドで、すごく意外だった。

続きを読む
posted by amui at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

いけちゃんとぼく、ディア・ドクター、劔岳〜点の記〜

『いけちゃんとぼく』脚本・監督:大岡俊彦、出演:深澤嵐、蒼井優(いけちゃんの声)、2009年、日本、109シネマズ川崎

毎日いじめっ子に殴られても、お父ちゃんが酔っぱらって死んでも、ぼくのそばにはいつもいけちゃんがいて見守っていてくれる。でも、いけちゃんが何なのかなんて考えたこともなかった。少しずつ大人になって、いけちゃんに会える時間が減っていった。

原作は立ち読みで読んだ(^^;)。絶対泣ける本とか言われていて、確かにラストでちょっとうるっときたけど、それよりもサイバラが恋愛ものを描いていることに驚いた。
映画は本よりもぼくが幼児期から少年期へと成長する過程についてエピソードを盛り込んで膨らましている。お父ちゃんの情けない部分に直面したり、どこへ行っても同じ様な力と力の争いがあって、きりなくむなしいことに気づいてしまったり、子ども時代の無邪気さを奪われる代わりに、自分で考えて行動する強さを手に入れていく様子は、頼もしくもあるけれど、寂しいような、可哀想なような、切ない気持ちにさせられて、映画の半ばからずっと泣いてた。

子ども連れのお母さん客が非常に多い。隣も2人の子どもと一緒だった。お兄ちゃんの方はポップコーンばりばり食べながら、映画に集中してたけど、妹の方は半ばぐらいから我慢ができなくなってきて、「帰る〜」。ちょっと映画に来るには幼すぎたね。

続きを読む
posted by amui at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。