2008年09月28日

赤壁

『レッドクリフ PartI/赤壁』監督:呉宇森(ジョン・ウー)、出演:梁朝偉(トニー・レオン)、金城武、張震(チャン・チェン)、張豐毅(チャン・フォンイー)ほか、2008年、アメリカ・中国・日本・台湾・韓国、DVD

香港の友人が気を利かせて買って送ってくれた。感謝感激。
ここ1ヶ月ほど、毎日のように吉川英治の「三国志」を読んでいる。分厚いのが8巻もあるので、さすがに読みでがあってなかなか終わらない。でも、映画を観る前に赤壁の戦いあたりまでは読み終わっていた。読む前にすでにトレイラーを観ていたので、頭の中で孔明の姿は金城武だし、曹操の姿は張豐毅になってしまっている。周瑜はすごい美男ということになっているので、わたしの中では梁朝偉は微妙にずれるのだが。
日本での公開は11月1日。待ちきれないので早速鑑賞。
うーん、結構楽しみました。
でも、これって「三国志」というより「三国志を下地にした呉宇森の創作」ですね。生粋の三国志ファン(特に中国の)は受け入れがたいかもしれない。
もとは周瑜と孔明は互いの才を認めながらも、周瑜は孔明の智を恐れて亡き者にしようとし、孔明はその策略かわしながら、なおも周瑜と呉軍を我が意の通りに動かすという展開です。その設定を大幅に変えているので、ちょっと驚きました。じゃあ後編にある孔明の矢狩りはどういう展開で出てくるのか興味津々です。
金城武のセリフは吹き替えということですが、とても声質が似ている人なので、不思議なくらい違和感なく観ました。今年は『投名状』『死神の精度』そして『赤壁』と続けざまに新作を観て、金城愛が再燃です。やたらYouTubeで映像探してしまう。『投名状』に関しての呉君如(サンドラ・ン)によるインタビューが面白かった。年末はさらに『K-20』もあるぅ(感涙)。



posted by amui at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 亜洲電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。