2005年12月21日

ロード・オブ・ウォー、SAYURI

チネチッタで『ロード・オブ・ウォー』を、川崎TOHOで『SAYURI』を観た。

『ロード・オブ・ウォー』はアンドリュー・ニコル監督、ニコラス・ケイジ主演の話題作。
実在の武器商人たちをモデルに書かれた脚本は、かなりリアルな内容。最大の武器商人はアメリカ合衆国及び国連常任理事国であると躊躇無く告発する。アメリカで制作資金が集められなかったと言うのも納得だ。
主役のユーリという男は、頭が良く大変な商才があり、家族を愛する気持ちもあるのに、自分の売った銃で虐殺が繰り広げられても、自分とは関係ないと言い切ることができる。うちなんぞは、殺人を目の当たりにしながら、そこまで感情を殺せるものなんやろうか?と思ってしまうが、武器商人たちは現に世界に暗躍している。人間なんて一度大金とスリルとに魅せられたら、どんな自己矛盾でも目をつむれるんかもしれん。
現実の大口武器売買には必ず国家諜報機関が絡むと言う。一層エグイわけだ。これを観る限り、残念やけど戦争は到底無くなりそうにない。
水曜の昼間だというのに、客席はほぼ埋まり、しかも半数が男性だったのには驚いた。

『SAYURI』はロブ・マーシャル監督、章子怡主演。
トレイラーを観た時に、「これはロブ・マーシャル監督の夢の世界だな」と思った。それならそれで、楽しむ事が出来るかもしれないと思い、観に行った。しかしやっぱり観ている間中、居心地が悪かった。なんでか? 
一つには、幾らこれは日本ではなく空想世界だと思っても、やっぱりそこにあるのはアメリカ人が必死に模写する日本なわけ。どうしても観てると踊り方や歩き方のちょっとしたことに、つい目がいってしまう。それはまあ枝葉末節で、全体としてはすごく作り込んであるし、鞏俐の造形以外(あれじゃ女郎だ)は許容範囲だが、凄く気になったのは、片言の日本語がチョクチョク出てくる事。きれいさっぱり英語であってくれれば、空想世界と思い込めたかもしれない。物語に引き込まれる瞬間もあったのに、この変な日本語が入るとまた現実世界に引き戻されてしまった。
そしてもう一つの理由は、そう言いながらも自分が祇園や芸者の文化に無知であるから。着物の善し悪しもわからんし、都踊りも観たこと無い。まあ祇園に行きたくたって、貧乏人には縁のない場所やけど。それにしても、知らな過ぎるなと思った。急に、溝口健二とかの祇園を舞台にした映画が観たくなった。
ストーリーの核心はさゆりの何十年にも渡る秘めた想い。ラストはやっとその想いが通じる感動のシーンなわけやけど、そこでふと頭をよぎってしまったのは「でも、これは不倫なのだよ」
会長さんには妻も子供もいる。映画ではほとんど言及されていないのが、ちょっとずるい。確かに二人の感情は純愛やけど、外で本気の恋に落ちた旦那を待つ妻の気持ちはいかばかりか? などと、映画からどんどん離れた妄想が広がり、芸者同士の妬みあいよりも、恐ろしい絵が浮かぶ。

とはいえ章子怡も楊紫瓊も鞏俐も、ようやってはったと思います。特に豆葉姐さんの楊紫瓊、格好良し。

posted by amui at 21:25| Comment(0) | TrackBack(5) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

83.お正月の過ごし方(2)
Excerpt: 2.女の戦い、観戦の仕方 本題に入る前に。 ---------------品川プ
Weblog: Priketz記
Tracked: 2006-01-06 09:54

ニコラス・ケイジ主演「ロード・オブ・ウォー」
Excerpt: ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー - 史上最強の武器商人と呼ばれた男 - (Lord Of War)」を観た。 映画「ロード・オブ・ウォー」は、実在する何人かの武器商人たちの実話を元..
Weblog: 西沢千晶のシネマ日記
Tracked: 2006-01-08 00:05

チャン・ツィイー主演で芸者の半生を描いた「SAYURI」
Excerpt: チャン・ツィイー主演の映画「SAYURI」を観た。 映画「SAYURI」は、貧しさから置屋に売られ、やがて花街一の芸者となっていく女性の半生を描いたアーサー・ゴールデン原作の小説「さゆり」を映画化し..
Weblog: 西沢千晶のシネマ日記
Tracked: 2006-01-08 00:06

●眼差しだけで男性を魅了しちゃう☆●
Excerpt: 現在ロードショー中の映画「SAYURI」(原題「MemoirsofaGeisha」)ハリウッドがおくる、純愛ファンタジー映画です。主演のチャン・ツイィーはそのインタビューの中で、「“美しさ”はその人に..
Weblog: 珍しいモノ☆ヘンなモノ大図鑑
Tracked: 2006-01-24 17:20

ロードオブウォーDVD
Excerpt: ニコラス・ケイジが、史上最強の武器商人と呼ばれた男をパワフルに熱演。 監督は「トゥルーマンショー」でアカデミー賞の脚本賞にノミネートされ、 スピルバーグ監督の「ターミナル」で原案と製作総指揮を務めたア..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-05-23 19:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。