2009年07月07日

千年の祈り、七月大歌舞伎

『千年の祈り』監督:王穎(ウェイン・ワン)、出演:ヘンリー・オー、フェイ・ユー、2007年、米・日、試写

アメリカに住む離婚した娘のことが気になって、はるばる北京から父親がやってくる。娘の一人暮らしの様子を観て、父は彼女が幸せではないと感じ、母親の死後、腕を上げた料理を振る舞い、娘の心を解きほぐそうとするのだが、彼女は父へのわだかまりがあり、父を避けよう、避けようとしている。

久しぶりにウェイン・ワンの映画を観た。昔の李安(アン・リー)の映画のようでもあり、小津映画的でもある。大きな事件は何も起こらず、とっても地味な作品だけれど、わたしは結構好きだ。どこまで行っても平行線に見える、父と娘。でも、互いに幸せでいて欲しいと願う心は同じ。そこを忘れずに、正直に話し合わないと、歩み寄れない。その時、子どもの側が譲歩することが大切なように思う。大概後悔するのは、残される側だから。

天守物語七月大歌舞伎 夜の部 夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)、天守物語

演目が去年大衆演劇の花吹雪で観た「夏祭浪花鑑」であったこと、「天守物語」が玉三郎による泉鏡花ものであること、市川海老蔵、中村勘太郎、中村獅童、市川春猿など若手が多く出ていることに惹かれて、観に行ってきた。今回は3階A席。

初めて海老蔵の舞台を観た。「夏祭浪花鑑」の団七九郎兵衛は上方の人間なんやけど、海老蔵さんの演じ方は、あんまり上方を感じない。軽妙さが足らないのかな。軽いところはやたらと軽いんやけど。それに、このお役のときの声が、妙に親父さんの団十郎さんに似ているのも気になる。わざわざ通りの悪い発声にしなくても・・・と思う。
中村獅童の歌舞伎も初めて観た。一寸徳兵衛という重要なお役で、団七九郎兵衛との立ち回りがある。これが・・・ なんやこなれてなくて、器械体操みたい。

市川春猿さんは芸者・琴浦役で、若くて綺麗で可愛い色気がありました。
一番エエなぁと思ったのは、中村勘太郎さん。一寸徳兵衛の妻で気骨のあるおなご役。板についていました。
悪役・三河屋義平次を演じたのは片岡市蔵。憎たらしさ満点(^^)。

勘太郎さんは「天守物語」でも亀姫役をやってはって、若いお姫さん役も結構いけます。
姫川図書之助役の海老蔵さんは、発声が全然ちがって、通りの良い声で、姿も良く、若く純粋な男の役がはまっていました。やはりまだまだ若いということなんでしょうかね。
天守夫人富姫役の玉三郎さんは、もう言うまでもなく、立っているだけで妖気を感じるほどの美しさ。でも、このお役、意外と笑える。図書之助の姿を灯りの下に初めて見て「(人間界に)返したくなくなった」とひと言。あまりにストレートな発言で吹き出してしもた。
天守にある獅子のいわれを説明する下りをやったのは猿弥さんでしょうか? セリフかみすぎです。その獅子が人間たちと闘うシーンが、とっても印象的。揺れる獅子の毛並みが美しく、幽玄な感じで、スローモーションを観ているよう。
悲劇で終わるのかと思ったら、意外にハッピーエンドなのにも驚いた。

posted by amui at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
玉三郎さんの美しさ、台詞の即興(では無いと思いますがこなれてましたね〜)行った観た甲斐ありました。
チケット手配等有り難うございました。
Posted by sh at 2009年07月09日 22:43
歌舞伎年ですね。さよなら公演と銘うたれると今しか観られない気がしちゃいます。
落語もぜひお早めに。生落語の最初は国立演芸場がおすすめです。綺麗でどこからでもよく見えるし、指定席で予約ができます。でも私が好きなのは新宿末広亭の桟敷。
Posted by 白 at 2009年07月10日 13:05
http://www.ntj.jac.go.jp/ticket/index.html#02
公演によって違うようですが、インターネットやプレイガイドでも買えます。
ほかの演芸場は、ふらりといくにはいいんですが並ばないと好きな席に座れません。あ、でも着物・ゆかたで行くと、300円から500円安くなったりしますよ。
ひいきの噺家さんが出てるかどうかよく確かめてね。
Posted by 白 at 2009年07月10日 13:15
shさま
また、ご一緒しましょう。

白さま
あの古い歌舞伎座、結構好きなんで行って色々な席で観ておきたいんですよ。
国立演芸場というのもあったんですね。劇場、能楽堂ともにまだ行ったことがありません。ゆかた・・・ タンスの肥やしになっているのを引っ張り出すか。いやその前に帯がないような。
Posted by amui at 2009年07月10日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。