2009年07月19日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』監督:デイビッド・イェーツ、出演:ダニエル・ラドクリフ、2009年、109シネマズ川崎

えーっと、これで何作目なんでしょうかね? 背景はすっごく暗くてどんよりしっぱなしなんですけど、みんなすっかり大きくなって色気づいて、青春学園ものみたいになってて、結構笑えます。
初めてIMAX 3D映像を観ました。3D映像は最初の15分くらいかな? 確かに立体に見える。でも、実写映画であるハリー・ポッターよりも、トレイラーでやっていたCGアニメーション映画の『クリスマス・キャロル』の方が、立体感をより感じられた。2時間ものあいだ、あのメガネをかけて3D映像を観ていたら、吐くかも。かといって、15分ばっかだともの足らない。3Dじゃなくても、スクリーンでかいし、デジタル映像と音響は迫力があるけれど、2000円払うのは高すぎるように感じる。

posted by amui at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしております。ほぼ1年ぶりでしょうか。
このサイトはいつも拝見していましたが、コメントするのは初めてでちょっとドキドキです(^_^;)
先日軽音関係者にメールを送ったのですが、メアド変わりました?エラーになってしまいました。差し支えなければ教えてください。

ハリー・ポッター、今日娘と観てきました。
小学4年の娘は、原作にハマってたこともあり、大興奮でした。
南松本に新しくできた「シネマライツ8」というシネコンに初めて入って、私はむしろその施設の方にワクワクでしたけど(笑)。
IMAXは、電車の中でルーナがかけていたメガネで見た映像あたりだったのでしょうか。全国で3館くらいしか実施していないのですね。3D映像は私も見てみたかったです。
Posted by chibinya at 2009年08月06日 22:32
ども、お久しぶりです
「シネマライツ8」は見に行きましたよ。映画館を(笑)。綺麗だし、スクリーン数も多くて良いのですが、かわりに松本の中心部にあった老舗映画館がほとんどなくなってしまったのが寂しいなとも思いました。
3D映像はオープニングから15分ほど。電車もそうだし、ハリーがダンブルドアと共に瞬間移動したりするあたりです。でも3D観るなら、アニメの方がきっといいですよ。『トランスフォーマー リベンジ』は結構凄かったらしいですけど。
Posted by amui at 2009年08月07日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。