2009年08月04日

昭和八十四年、THEダイエット!

『昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き』構成・演出:伊藤善亮、出演;飯田進、2009年、日本、試写
大正12年生まれの飯田進さんは、青年期のすべてを戦場と牢獄で過ごした。太平洋戦争ではニューギニア戦線に送られ地獄のような体験をし、戦後はBC級戦犯として裁かれ巣鴨プリズンに長く収容された。ようやく釈放され、家庭を持ち、社会生活を楽しむことができるようになったころ、飯田さん一家をサリドマイド薬害事件の悲劇が襲う。妻が妊娠期に飲んだサリドマイドが長男の腕を奪ったのだ。それ以来、飯田さんは薬害訴訟と障害児童福祉に打ち込んでいく。

1人の人間にこれほど多くの昭和の闇が降りてくるなんてと、ため息が出る。でも、飯田さんは決してへこたれず、自分の犯した罪とも、薬害とも、真摯に向き合い、考え続け、闘い続けて生き続けている。凄い人がいるもんだと思う。しかし一方で、家庭生活においては、良好な親子関係を築くことができず、一層の苦しみを招く結果となってしまっている。亡くなった奥さんが、娘に言った言葉「ごめんね、あんな大変な人を残して死んで」。
飯田さんと亡くなったうちの父は同い年。父の生前、うちの母は「お父さんを残しては死ねない」といい、うちら子どもも真剣にそうならないことを願った。うちの亡父はもっとへたれだったけど、妙に親近感を覚えた。

『THEダイエット!』監督・脚本・プロデューサー:関口祐加、2007年、オーストラリア、アップリンク
関口監督が自らをまな板にのせ、ダイエットの悪戦苦闘を描くドキュメンタリー。
このままでは長生きできないと医者に宣告されての本気のダイエット。ダイエットに近道はなく、つまるところ、食べる量を減らして、運動して消費するという、至って単純なこの方法しかない。しかし、やっぱりなかなか痩せられない。事態が少し好転するのは、精神科医のカウンセリングで、自分自身を見つめ直すことを始めてから。肥満とは実のところ心と体の問題だったというわけ。
コメディタッチで、まぁここまで撮すかというくらい、赤裸々に描いていて、吹き出したり、苦笑したり。
去年の東京国際女性映画祭のときに関口監督きてはったけど、その後、体重減少にあまり進展がないようなのが気になった(^^;)



posted by amui at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。