2009年08月08日

浴衣で落語、G.I.ジョー

初めて新宿末廣亭の寄席に行ってきました。浴衣で行くと学生料金で見られます(^^)。
懐かしの橘家円蔵や昼のトリで林家正蔵が出ていたためか、13時前頃に入ったのですが既に椅子席はなく、横の桟敷でした。浴衣で畳(しかも前に向かって傾斜がある)に座って見るのは結構辛かった。中入りの頃には立ち見が出るほど。いやはや、結構混むもんですね。

皆さん、テレビじゃできないネタを積極的にやっていて、面白かったです。話の枕のネタがかぶる悲劇もありましたが(^^;)。
初めて正蔵の落語を聞きましたが、なかなかに上手いもんですね。テレビではやれワインだ、グルメだ、歌舞伎だって、趣味の話ばっかりしてたり、一家のゴシップやらがワイドショーをにぎわしたりと、落語以外のことばっかりで見てたんで、どんなもんなのかと思っていたんですが。こういう商売だと、なんでも肥やしになるもんなんやろね。

あー、それにしても浴衣暑い! 帰り新橋を通ったら今夜は大江戸花火大会で、やたらと浴衣姿が目についた。うちらはそっちの流れに逆らって、そそくさと帰宅。

帰ってシャワーを浴び、いつものラフな格好に着替えて再び川崎へ自転車で向かう。
食事をしてビールを飲んだ後、レイトショーへ

『G.I.ジョー』監督:スティーヴン・ソマーズ、出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、2009年、アメリカ、川崎TOHOシネマズ

ナノマイトと呼ばれる金属を高速分解する物質を兵器化したものが、世界征服を狙う悪の組織コブラの手に落ちる。コブラの企みを阻止するべく史上最強の国際機密特殊部隊G.I.ジョーが動き出す。

徹頭徹尾ど派手。でも、なんだかあまりにも一目でCGとわかるような、CGのなじみが悪いシーンが目立つ。
ええもんよりも、わるもんの方が魅力的。ビョンビョン、かなり目立ってました。またしても上半身裸のシーンが。自分で提案したらしいけど、もしかしてナルちゃん?
続編作る気満々な終わり方でした。はたして、つづくのか? 2日目のレイトショーで、空席が目立ちましたが・・・



posted by amui at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浴衣で落語デビューしましたか!
帯はお似合いだったでしょう。
下着を着なければ涼しいけど、それはちょっとねぇ。
ノースリーブ、短パンが一番涼しいです。
あとおばあちゃんのアッパッパ(湯上り着)。

私も正蔵さん初めて浅草で聞いたとき、あらうまいじゃんと思いましたよ。
小遊三さんもうまいです。
話術で惹きつけられます。
末廣亭の座敷は私は好きだけど、浴衣じゃ辛いかも。
次は国立演芸場ですね。
Posted by 白 at 2009年08月11日 10:10
白さま
帯の買い物をおつきあいいただきましてありがとうございました。本見て一所懸命結ぶ練習しましたわ。写真はfacebookの方をご覧下さい。

国立演芸場、演目まめにチェックします。
Posted by amui at 2009年08月11日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。