2007年03月03日

大衆演劇 劇団花吹雪

最近、お友達の何人かが大衆演劇に激ハマリしている。そのお誘いを受けて、今日は初体験しにいきました。場所は横浜の三吉座。劇団は、美しさにかけてはピカイチと皆さんイチオシの劇団 花吹雪。昨夜は事前に「見てみて」と渡されていたDVDと公認HPを見て、予習した。確かに、きれいどころが揃っているようだ。

昔からうちは「化粧の似合う男」が大好き。最初にはまったのは英国のロックバンド「JAPAN」や「デビッド・ボウイ」。中学、高校とずっと聞いてた。「一風堂」もかなり来た。アルバム買ったし。「必殺仕事人の京本政樹」(限定)も好きで、毎週見ていたなぁ。「張國榮の京劇女形姿」もやばかった。危険を感じて自制したけど。大学生のころ、歌舞伎座で初めて「坂東玉三郎」の花魁姿を見たときは、魂吸い取られそうになった。経済的理由で歌舞伎座には通えなかったけど、あの花道を行く姿は今でも脳裏に焼き付いている。そして今回、大衆演劇の女形はどうだと、どうやら匂いをかぎ取ったお友達たちが誘ってきた。

Hanafubuki01三吉の小屋は最近、新しく建て替えたそうで、イメージしていたよりずっと綺麗な劇場だった。公演は3部構成で、1部と3部が踊り、2部がお芝居になっている。踊りの時は、写真撮り放題いうことなんで、カメラを持って行った。正しい観劇の仕方と称して、皆さんが色々とお菓子などを用意していてくれはった。しかし、第1部が始まってみると、ただ呆然とめくるめく世界を眺めているのがやっとで、食べるどころか写真もろくに撮れなんだ。こ、これが大衆演劇というものか・・・

第2部のお芝居は、主人公は一度はヤクザから足を洗ったものの、過去の義理と人情のしがらみから悲劇におちいるというお話。完全に先が読める定番ストーリーなんやけど、涙流して演じる役者に、「凄いなぁ、やっぱプロなんやなぁ」と感心。観客にも結構泣いている人がいるのに、正直驚いたけど。現在の世相を盛り込んで笑わせてくれたりもします。
第3部のグランドショーは、かなり場の雰囲気に慣れてきたので、写真撮影に集中。小桜真くんと京くんという若い兄弟がいて、衣装の早替わりをしながら、元気いっぱいに民謡メドレーを踊ってくれたのが楽しかった。最後の方は、疲れた〜とへろへろになりながら踊って愛嬌見せてくれたりして。聞けば16,7歳だとか。ほとんどが40,50代以上の観客を前にして、同世代の友達はまず聞かないだろう音楽をバックに踊り、芝居をする彼らの生活や心情に興味が湧く。観客にしてみれば、孫のような彼らが育っていくのを応援して、見つめるのが喜びなんやろうなぁ。応援の仕方もストレート。着物や現ナマをプレゼントするファンがいて、プレゼントされたものは舞台で観客に披露される。今日は観られなかったけど、万札の束を扇状にしたものを、着物の襟につけた写真を見せてもらって驚いた。ファンがつけてあげるんやそうな。ホストクラブのような育てゲーに近いものも感じる。

Hanafubuki02どちらかというと女形の踊りが観たかったうちには、今日のプログラムはそれが少なくてちと不満。でも、小桜京くんの女形は綺麗で、16歳にはとうてい見えない色気を出していて、ついついシャッターを押してしまい、気がつけば第3部のショーだけで200枚以上撮ってました。役者さんもこっちがカメラを構えていると、ばっちり目線くれるし。京くんは欲を言えば、もう少し肉がついて、黒髪の方がいいなぁ。
今日は7人で観劇しましたが、うち3人は続けて夜の部も観ると言って残りました。もの凄いハマリ方です。うちはそこまでは、はまれないなぁ。音楽があまりに趣味と違うので。でも、たまにいって、彼らの成長を観るのは楽しそうだなぁと思いました。

posted by amui at 23:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜とうとうお誘いが来ましたか。私も先月の十条の舞台に連れて行ってもらいました。しかし7人とはすごいですね。ちょっとした団体観劇だわ〜。横浜はちょっと私には遠いです。だけど本当に京くんは色気あるし、きれいだからもう一度くらい見たいかしら。私が行ったときは女形姿が見れなかったので、絶対一度は観たいですもの。
あ、ちなみに私も化粧の似合う男の人、というか女装の似合う男性、妙に好きです・・・
Posted by patty at 2007年03月05日 21:25
行ってきましたぁ。あらまあ、十条に行ったときは全然観られなかったんですか?それは残念。あの色気はヤバイです。三月十日は花魁ショーだそうですよ。きっとお誘いが行きますよ(笑)。わたしは行けませんけど。
Posted by amui at 2007年03月05日 22:18
お疲れ様でした。ブログのアップをお待ちしておりました(笑)。
え〜っ、10日は駄目?綺麗よ〜花吹雪の女形達。
Posted by sh at 2007年03月06日 19:08
「女形大会」と「花魁ショー」は別なんですよ。10日は女形大会のほう。私は明日木馬館行ってきまぁす。「ホストクラブのような育てゲー」ってあるの?「役者を育てる」って言ってくださいませね。
Posted by 白 at 2007年03月07日 21:46
映画俳優、宝塚、歌舞伎、大衆芸能、そしてホスト。なんでもファンをやる醍醐味は、自分が応援することでその人がスターに育っていくのをみることですよね。それって、リアル育てゲーみたいだなと。ただそれぞれ、客と対象との距離が違っていて、大衆芸能はかなり客との距離が近いと感じたので、わたしの連想はホストにつながったんですよ。本当は宝塚の方が近いのかな。
Posted by amui at 2007年03月08日 18:32
初めまして。突然訪問失礼します。
劇団花吹雪関連から此方にお邪魔しに
来ました。私も花吹雪大好きで
毎年浅草木馬館や十条にある篠原演芸場
横浜の三吉にと観劇三昧でした。
今年も1月〜3月通い4月はとうとう
大阪朝日劇場まで遠征しました。
10月も大阪浪速クラブに2泊で遠征予定!
イケメン揃いの劇団です。
是からもずっと応援して行きまーす。。。。
Posted by ディオール at 2007年10月02日 01:06
ディオールさま
家族、親戚で美形の血が流れているなぁって思っちゃいました。また来年、浅草にでも来たときに見に行きたいと思ってま〜す。
Posted by amui at 2007年10月03日 00:28
またお邪魔しにきました
私は今週末二泊で神戸新開地遠征です
劇団花吹雪を11月大阪八尾グランドホテルに
1泊で観劇遠征もしました。
若手とベテランの息のあった雰囲気で舞台を
構成していて楽しみな劇団です!
Posted by ディオール at 2007年12月11日 13:22
ディオールさま
大阪の方には、わたしのお友達も遠征して観に行ってましたよ。岡山に住む知り合いもすっかりはまって、四国の公演にまで観に行ったみたいですし。どうやら花吹雪には中毒性があるようです。
浅草には来年5月に来るみたいですね。またカメラ抱えて成長ぶりを観に行きたいと思っています。
Posted by amui at 2007年12月17日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。