2009年07月19日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』監督:デイビッド・イェーツ、出演:ダニエル・ラドクリフ、2009年、109シネマズ川崎

えーっと、これで何作目なんでしょうかね? 背景はすっごく暗くてどんよりしっぱなしなんですけど、みんなすっかり大きくなって色気づいて、青春学園ものみたいになってて、結構笑えます。
初めてIMAX 3D映像を観ました。3D映像は最初の15分くらいかな? 確かに立体に見える。でも、実写映画であるハリー・ポッターよりも、トレイラーでやっていたCGアニメーション映画の『クリスマス・キャロル』の方が、立体感をより感じられた。2時間ものあいだ、あのメガネをかけて3D映像を観ていたら、吐くかも。かといって、15分ばっかだともの足らない。3Dじゃなくても、スクリーンでかいし、デジタル映像と音響は迫力があるけれど、2000円払うのは高すぎるように感じる。



posted by amui at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

アンナと過ごした4日間、人生に乾杯!

『アンナと過ごした4日間』監督・脚本:イエジー・スコリモフスキ、出演:キンガ・プレイス、アルトゥル・ステランコ、2008年、フランス・ポーランド、試写

祖母と2人暮らしの孤独な男。自宅の窓から見える病院の看護師寮に住むアンナへの思慕は、もはや抑えられないほど募っている。しかし、彼がアンナを知ったのは残酷な偶然から。そして、それ故に彼は彼女に近づけない。たった1人の家族だった祖母が亡くなり、ある日、彼は大胆な行動に出る。

ポーランドのどんよりとした冬の空の下、朴訥な男の切ない思いが暴走する。最初はこの男、殺人鬼か何かなのか? と思わず緊張するのだけれど、徐々にその真意が明らかになるにつれ、その一途さと不器用さに絶句する。でも、女の立場からすると、やっぱりどうしたって彼を受け入れることはできないよなぁ。

続きを読む
posted by amui at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』監督:トラン・アン・ユン、出演:ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、余文楽(ショーン・ユー)、2009年、フランス、川崎TOHOシネマズ

殺人鬼の捜査で自らも狂気の縁に立ってしまった元刑事クライン。彼は世界一の製薬会社社長から行方不明の息子・シタオを探しだして連れ帰ることを依頼される。シタオの足跡をたどって行き着いた香港で、友人の刑事メンが追うマフィアのスを知る。スは愛する女リリが行方不明になり、狂ったように探していた。そのリリはシタオによってヤク中の苦しみから救われていた。シタオには人の苦しみをその身に引き受けて癒す不思議な能力があるのだった。

トラン・アン・ユンによる、現代の、しかもアジアにキリストが降り立ったらどうなるかについての思考実験のように感じる。救済がテーマだけれど、聖なる空気はなく、むしろ性なる空気に満ちている。
ジョシュもキムタクもビョンビョンも肉体をさんざっぱらさらけ出し、苦悶の表情を浮かべる。ジョシュは王家衛(ウォン・カーワイ)作品の梁朝偉(トニー・レオン)のごとく、白ブリーフいっちょで苦悩する。キムタクは白だったけどブリーフじゃなかったな。あそこはやっぱり薄汚れた白ブリーフでしょう。浮浪者のような生活してるんだから。ツメが甘いな。
ビョンビョンは女を失ってずっと泣きそうな顔しながら、トンカチで人殺してた。殺されるのは呉嘉龍(カール・ン)。
香港映画ファンとしては、ロケの大部分が香港で、香港の俳優が他にも結構でているのが見逃せない。余文楽(ショーン・ユー)はクラインを補佐するかなり重要な役。他にも李燦森(サム・リー)、谷祖琳(ジョー・コク)。ビョンビョンの手下をやっていたのは、名前は知らないけれど『傷だらけの男たち』で強姦殺人魔&ストーカー男をやっていた彼だよな。

劇場にはレディース・デイということもあって、99%女性客でかなり埋まっていた。帰りしなに耳に入ってきた会話。「よくわからないというか」「感想の言いようがないね」

ところで「シタオ」ってどこの国の名前なんだろう・・・

posted by amui at 18:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ターミネーター4

『ターミネーター4』監督:マックG、出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、2009年、アメリカ、チネチッタ川崎

審判の日後、わずかに残った人間とスカイネットとの戦いが続く2018年。ジョン・コナーは抵抗軍のリーダーとして戦っていたが、母から聞いていた未来と少しずつ違ってきていることに戸惑いを感じている。自分の父となる少年カイル・リースは存在するはずだが、未だに出会えていない。スカイネットもカイル・リースを探していた。そしてマーカス・ライトという謎の男が現れる。

旦那がターミネーターシリーズを大好きなもので、先行上映に行ってきました。これもトレイラーをみて「あ〜あ、なんだかわかちゃったな・・・」とがっくりした。大方予想通りだったが、最後は意外な展開。今年に入って3本目のアントン・イェルチンくん。華奢でひ弱そうに見えて、生きる知恵と度胸に溢れたカイル・リースを、これまでとはまたぜんぜん違った雰囲気で演じていました。
ここから、思いっきりネタバレなんでご注意を!

続きを読む
posted by amui at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

スター・トレック

『スター・トレック』監督:J.J.エイブラムス、出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、2009年、アメリカ、チネチッタ川崎

カーク船長とスポックの若かりし頃を描いている。テレビの「スター・トレック」シリーズはほとんど見ていない。まあ、スポックぐらいは知っているけれど。それでも十分に楽しめる作りになっている。TVシリーズのファンに対しても目端の利いた映像、ストーリーになっているので、きっともっと楽しめるだろう。

『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』で注目していたアントン・イェルチンが、ここではスター・トレック最年少クルーで、ロシア系の数学の天才・チェコフを演じていた。思いっきりロシア語なまりの英語で、ちょっと癒し系キャラ。彼は今年さらに『ターミネーター4』にも出ているらしい。きてるねぇ。

posted by amui at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

天使と悪魔

『天使と悪魔』監督:ロン・ハワード、出演:トム・ハンクス、2009年、アメリカ、チネチッタ川崎

ダン・ブランウン原作『ダ・ヴィンチ・コード』の主人公が再び活躍する続編のようなもの。読んでいないけれど、多分、原作はうんちく満載で謎解きをしていく過程が面白いんだろうと思う。映画はやっぱりビジュアルで見せられるもの以外はどうしたって削られる。なんで、速いテンポでポンポンと謎が解かれてしまって、薄っぺらい印象は免れない。まるで歴史オタクの名探偵コナンだ。

反物質の爆発シーン。オイオイ(苦笑)。ローマが吹っ飛ぶかもとか言って心配していたくせに、そんなもんで済むわけなかろう・・・ 原爆よりパワーあるんですけど。○○くん、空中で消滅するか、焦げ片が落ちてくると思う。

トレイラーを観た段階で犯人がわかってしまった。最近、そういうトレイラーが多い。ほんとやめてほしい。

posted by amui at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

3時10分,決断のとき

『3時10分、決断のとき』監督:ジェームズ・マンゴールド、出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ローガン・ラーマン、2007年、アメリカ、試写

かつては南北戦争で優秀なスナイパーだったが、足を負傷し今は貧しい牧場主として必死に家族を養おうとしているダン。しかし鉄道建設のため、土地を追われそうになっている。ある日、強盗団のボス、ベン・ウェイドが逮捕され、刑務所のあるユマ行きの列車に乗せるための護送の仕事を金のために引き受ける。ベンの手下たちはボスを奪還しようと、情け容赦なく襲ってくる。それをかわしつつ、過酷な乾いた大地を共に進むうち、ベンとダンにはいつしか絆が生まれていく。

久しぶりに観たばりばりの西部劇。1957年『決断の3時10分』(デルマー・デイヴィス監督)のリメイク。単純な勧善懲悪ではない。ラッセル・クロウ扮するベン・ウェイドは悪の香りがプンプンするけれど冷静で頭がよく、美しいものを愛するカリスマ性をもった男。対するクリスチャン・ベイル扮するダン・エヴァンスは、貧しさから家族を守れない己に忸怩たる思いを抱えつつ、人としての意地と誇りを貫きたいと願う男。2人が出会って化学反応を起こす様が面白く、見応えがある。父のダンに反発し、ベンの危険な香りに憧れを持つ息子役を演じるのはローガン・ラーマン。『幸せのセラピー』で観たばかりだったので、ここにも重要な役で出ていて驚いた。ここでもかなりいい。今後の注目株。

posted by amui at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

バーン・アフター・リーディング

『バーン・アフター・リーディング』監督:コーエン兄弟、出演:ジョン・マルコビッチ、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、2008年、アメリカ、109シネマズ川崎

CIAを首になったアル中の捜査官が暴露本を書こうとしていたところ、自分の浮気は棚に上げ有利な条件で離婚を画策していた女医の妻がデータをCDにコピーし、そのCDがひょんな事からスポーツクラブの筋肉バカと整形バカの店員の手にわたる。これは国家機密だ、金になる!と喜び、アル中の元捜査官に脅しをかけるのだが・・・

コーエン兄弟らしい、超ブラックな笑いが満載。CIAを徹底的にコケにしているのと、ブラピのおバカキャラが寸分の狂いもなくはまっているのが笑える〜。ジョージ・クルーニーの出会い系サイトにはまってる元シークレット・サービスが、こつこつ作っていた機械にも爆笑。

posted by amui at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

幸せのセラピー、チェイサー

『幸せのセラピー』監督:バーニー・ゴールドマン、メリッサ・ウォーラック、出演:アーロン・エッカート、ジェシカ・アルバ、ローガン・ラーマン、アメリカ、2007年、試写

ビルは妻の実家の銀行で形ばかりの役職に就き、いつも肩身の狭い思いをしている。おまけに妻は浮気しているらしい。そんなとき、母校が始めたメンター制度で、自分をメンターに指名してきたのは、ちょっと問題児の少年。しかし、彼の押しの強さに振り回されるうちに、次第に素直な自分を取り戻していく。

あごがケツ割れしているアーロン・エッカート。『ダーク・ナイト』で随分と人気者になったみたいだけど、こういう小粒の良品に出演している彼が好きだ。言いたいことが言えず、自分の不遇を人のせいにしているダメ男が、少年に後押しされて、やっと自分の何がダメかに気がつきます。ジェシカ・アルバも協力するけれど、彼を助けるのは美女ではなくて、ローガン・ラーマン扮する“The Boy”というのがちょっと変わっているところ。このローガン・ラーマンがなかなかいいです。1992年生まれだからまだ16歳。子役から活躍していて『バタフライ・エフェクト』にも出ているらしい。目が良い。
しかしなぁ、40歳を越えて自分探しの旅かぁ。大丈夫かとちょっと不安になるな。

続きを読む
posted by amui at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

エル・カンタンテ、台湾人生

『エル・カンタンテ』監督:レオン・イチャソ、出演:マーク・アンソニー、ジェニファー・ロペス、2006年、アメリカ、試写

プエルトリコ出身でニューヨークに一大サルサブームを巻き起こしたエクトル・ラボーとその妻プチの物語。親の反対を押し切ってニューヨークにやって来たエクトルは、間もなくその情感溢れる歌声で注目される。新進のレコード・レーベルと契約し、トロンボーン奏者ウィリー・コロン率いるバンドのボーカリストとして参加すると、瞬く間にスターの階段を駆け上がった。
しかし、その裏で私生活はめちゃくちゃになっていく。ニューヨーク出身のプエリトリカンである美しい女性プチと結婚し、息子も生まれるが、ドラッグに溺れ、女にも時間にもルーズになって、バンド仲間とも口論が絶えなくなり、次第に精神的に壊れていってしまう。

初めカメラが常にジェニファーをとらえている様子をみて、いくらプロデューサーも務めてるからって、ちょっと前に出過ぎじゃないの? と思ったが、実はこの映画はエクトル・ラボー以上にその妻プチの物語だった。世間的には悪妻と思われたであろう、めちゃくちゃ強い奥さんで、端から見ればその強さが一層彼を追い詰めているのがわからないか? と思ってしまう。しかし、これはこれで互いを補い合って離れられない男女なんだろうなぁとも思う。
プチの視点で語られるので、エクトルの内面があまりよくわからない部分もあるけれど、彼は最大の魅力である歌のシーンがふんだんにある。マーク・アンソニーは現代サルサ界のトップスターでジェニロペの夫。見た目ちょっと貧相な感じがするけれど、歌声は素晴らしい。サントラは全米ビルボード・ラテン・チャートで1位となった。

続きを読む
posted by amui at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室

『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』監督:ジョン・ポール、出演:アントン・イェルチン、ロバート・ダウニー・Jr、2008年、アメリカ、銀座シネパトス

超金持ちの息子で、成績も優秀、性格だって優しい高校生なのに、あらゆる私立高校を退学になってしまったチャーリー。今回の理由は「自動車免許書偽造販売」。もう行くところがなくなって公立高校へ行くことに。ブレザースーツ姿で1人浮きまくり、さっそく学校一の不良にガンつけられる。殴られて帰ってきたチャーリーにお抱え精神科医はリタリンを処方するが、これをちょっと飲み過ぎたらウルトラ・ハイになってパンツ一丁で外へ飛び出し警察のお世話に。ここでチャーリーは学校でみんなの悩み相談を受けて薬を売る商売を思いついてしまう。

いたって頭も性格もいいのに、みんなから人気を得て自分の居場所を見つけようとする一心で、方向がずれてっちゃうチャーリーを演じるアントン・イェルチンがとってもいい。この子は今後ブレイクするかも。
かなり笑えるんだけど、お馬鹿なだけじゃない、胸の奥にジワジワくるものがある。
高校生くらいの悩みって、自分の存在が誰かにしっかり認められることで、解決することが多い。一方で大人の悩みは、決定的な喪失だったり、社会的、経済的ストレスだったりで、もうちょっと深刻。それを受け入れたり、闘ったりしていくのが人生なのかも。袋小路にはまっている大人の男を演じているロバート・ダウニー・Jrがまたうまい。

posted by amui at 21:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ウォッチメン

『ウォッチメン』監督:ザック・スナイダー、出演:ジャッキー・アール・ヘイリー、2009年、アメリカ、109シネマズ川崎

アメコミ・ヒーローものだけど、正義ってなんだ? ヒーローってなんだ? と自問しつづけている作品なのが面白い点。みんな何故か超人的なパワーを持っているけど、ダークで、精神的な弱さ丸出しで、おかげで誰にも肩入れできない。何より1人1人を描き込むことに腐心して、やたらと長く、全体のバランスやテンポを犠牲にしてしまっているのが、よろしくない。

posted by amui at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

チェンジリング

『チェンジリング』監督:クリント・イーストウッド、出演:アンジェリーナ・ジョリー、2008年、米国、109シネマズ川崎

本当にあった話というのに驚愕する。母親が自分の子どもではないと言っているのに、それは思い違いだなんて、いったいどの口が言えるのか。警察のあまりに信じられない言動に、一瞬ほんとうに自分が間違っているのかしらと混乱する表情から、あきれ果て反論するにも言葉を失う表情へと微妙に変わっていくのがうまいなと思う。つい「アンジェリーナ、『ウォンテッド』のようにぶち切れてやれ!」と応援してまう。
彼女を支援する牧師の役がジョン・マルコビッチなんやけど、なんや妙なオーラ出していて「この人ほんまは悪い奴なんとちゃうやろか?」と勘ぐりまくり。
ロス暴動のベースには、こういう昔からの警察に対する不信感があるんやろなぁと思う。

posted by amui at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

太陽のかけら、彼女の名はサビーヌ

『太陽のかけら』監督・出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、2007年、メキシコ、試写

メキシコの伊達男ガエル・ガルシア・ベルナルの初監督作品。
メキシコの裕福な家庭に育ったクリストバルは、自宅でパーティーを開く。そこにやってきたアルゼンチン出身の美女に一目惚れして猛アタックをする一方で、薬に手を出し良くない友人たちを連れ込む妹や、国外逃亡同然の両親のこと、そして自身の進学のことでイライラを募らせていく。

パーティーの狂乱の中で、経済的、人種的差別の問題や、進むべき道を見つけられない金持ちのボンボンたちの不安を描いている。いろいろと欲張りすぎて、いまひとつどれも掘り下げられていないという印象。
それにしてもラテン男の後先まるで考えずに女にアタックするパワーって、すごい。草食系男子なんてありえなさそう。

続きを読む
posted by amui at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

007/慰めの報酬

『007/慰めの報酬』監督:マーク・フォースター、出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、米国、2009年、109シネマズ川崎

前作は映画館へ観に行っていなくて、これを観る前にDVDを借りて観た。なんやこれまでと違って、身体自慢な007やなぁ。Qがいなくて、このシチュエーションのみに役立つ発明品も出てこないし。でも、ストーリーはより複雑になって、リアリティを感じさせるもので、面白かった。

そんでもって、第2作目を観に行った。完全に話が続いているので、前作を観ておいて良かった。アクションはより派手に、陸海空すべてにおいて展開され、激しい〜。燃え立つ復讐心を押さえられず、大暴走の007です。
前作では結構笑顔を見せていた。視線を外して、伏し目がちに、口元をちょっと動かす笑い方。トニー・レオン(梁朝偉)とめっちゃよう似てる。

脚本にはポール・ハギスも参加している。環境NGOを隠れ蓑に悪事を働く敵の話なんかはそれらしい。敵の本丸はまだ遠い。そして3に続くらしい。

posted by amui at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

サスペリア・テルザ

『サスペリア・テルザー最後の魔女ー』監督:ダリオ・アルジェント、出演:アーシア・アルジェント、2007年、イタリア・米国、試写

かつての『サスペリア』や『インフェルノ』は観ていないのに、いきなり三部作最後の作品を観てしまった。
多分、この監督は禍々しい美の世界が心底好きで、エロくて、グロくて、スプラッタなこういう映像を撮るためなら、悪魔に魂売ってもいいと思ってる。最後は魔女を倒してハッピーエンドという形に一応なっているけれど、監督にとってはきっとハッピーエンドなんてくそ食らえなんだろう。

主演女優のアーシア・アルジェントは品のある美女。監督の娘で、イタリアでは大変有名で実力もある女優らしい。

魔女の1人が日本人でびっくり。市川純といい、イタリアの高視聴率テレビドラマ「RIS Delitti Imperfetti」のヒロインをつとめ、話題になった人。このニュースは何かで聞いていたが、この人とは・・・

監督と美的センスが合う方にはとっても楽しめるでしょう。

posted by amui at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

チェ 28歳の革命

『チェ 28歳の革命』監督:スティーヴン・ソダーバーグ、出演:ベニチオ・デル・トロ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、2008年、アメリカ、109シネマズ川崎

エルネスト・“チェ”・ゲバラがアルゼンチン人でありながら、フィデル・カストロと出会って共にキューバに乗り込み、キューバ革命の立役者となるまでを描いている。

劇映画でありながら、ソダーバーグの撮り方は徹底的に冷静で、デル・トロの演技も全然演技しているように見えなくて、まるでゲバラご本人の日常を映したドキュメンタリー映画を観ているような錯覚におちいる。悪く言えば、まったく盛り上がらない。しかし、おかげで今や世界の革命のアイコンとなってしまっている人物の、等身大の姿を感じることができる。
時間軸がかなりいじられているので、ゲバラやキューバ革命について何にも知らないで観ると、ちょっとつらいかも。これを観る前に是非『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観た方がいい。

正月早々風邪をひいて熱を出して寝込み、やっと今日、今年初めての映画鑑賞へ出かけられた。

posted by amui at 18:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

わが教え子,ヒトラー、小さな赤い花、女工哀歌

『わが教え子、ヒトラー』監督・脚本:ダニー・レヴィ、出演:ウルリッヒ・ミューエ、ヘルゲ・シュナイダー、2007年、ドイツ、ル・シネマ

第2次世界大戦末期、ドイツは徹底抗戦を唱えていたが連合軍によって首都すら破戒し尽くされているありさま。軍部は国民に再度の結束を促すためヒトラーによる大演説を計画するが、当のヒトラーはすでに自信喪失し鬱状態で演説などできる状態でない。ヒトラーを復活させるため、首脳部はかつてヒトラーに演説法を教えたユダヤ人俳優を収容所から呼び寄せる。

実際にヒトラーに演説法を教えた人物がいて、それはドイツ人俳優だった。映画はそこをユダヤ人に変えることによって、強烈なブラックユーモア溢れる悲喜劇となっている。ドイツじゃだいぶん先の戦争を客観的に観られるようになってきたってことやろかね。日本だったら東条英機とか、天ちゃんとかを題材にコメディを作ったようなもんかな。誰も作りそうにないなぁ、日本じゃ。
常に生命を奪われる危険がある中での滑稽きわまりない状態なので、観ていて緊張しながらも大笑いしてしまう。ちょっと普段の生活ではあまりない心理状態になれた。
主演のウルリッヒ・ミューエは『善き人のためのソナタ』の主演で深い印象を残していた。残念ながら癌で去年お亡くなりになり、これが遺作となってしまった。ご冥福をお祈りします。

続きを読む
posted by amui at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

変態“ピ”エロ、ザ・ムーン

『変態“ピ”エロ』監督・脚本:ブルーノ・メルル、出演:ミカエル・ユン、パトリック・シェネ、2007年、フランス、試写
テレビ局で公開番組の前説をしているピエールは、異常なまでにハイテンションなパフォーマンスで観客を盛り上げている。しかし、私生活での彼は不眠に悩まされ、鬱々と暮らしている。そんな彼が、自分の崇拝の対象であり国民的歌手のクロヴィス・コスタを誘拐し、自宅に監禁する。
ここのところ予定調和で安心、安全な作品ばっかり観ていたので、これは久しぶりに刺激的だった。予測不能、理解不能。でも尋常でないパワーで観客を押して、押して、押しまくってくる感じ。圧倒されて、口半開きになって観ていた。ゆるんだ脳をを活性化させたい諸兄には是非オススメしたい。
上映情報はシネジャWEBに。

続きを読む
posted by amui at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

悪夢探偵2、闘茶、ハムナプトラ3

『悪夢探偵2原作・脚本・監督:塚本晋也、出演:松田龍平、三浦由衣、韓英恵、2008年、日本、試写

悪夢探偵、影沼京一は近頃、亡き母の夢ばかり見る。彼の母は世界のあらゆるものを怖がり、終いには息子の京一すらも怖がって、ある日首をくくって死んでしまった。困惑する彼の元に、悪夢で眠れないと悩む女子高生が助けを求めてやってくる。初めこそ冷たく突き放す京一だったが、彼女の夢に出てくる同級生で、異常な恐がりであるという菊川の存在に興味を抱いて協力し始める。
あ〜いやだ、いやだ・・・ の悪夢探偵復活。このフレーズ、結構好きなんだけど、今回は1回しか出てこなかった。死んだ母との確執や、自分の恐怖心の源に向き合う京一が描かれている。塚本晋也監督も人の親になったんだなと感じた。コンプレックスと真正面から向き合った京一は、今後無敵なんじゃなかろうか。でもそれじゃネガティブ・ヒーローの面白さがなくなっちゃう。シリーズはもう終わりなのかな?

続きを読む
posted by amui at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 其他電影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。